どろあわわを効果的に使う洗顔法とスキンケア

肌トラブルを起こさないために

敏感肌の方など肌がデリケートな方の中には
「顔を洗い過ぎると更に肌が悪くなってしまうかもしれない。」と考えて、
洗顔の回数を極端に減らしてしまう方がいらっしゃいます。

 

洗顔をしないで角質や必要でない皮脂をそのままにしてしまうと
色素沈着やシミくすみ・深いシワの原因となって事態は更に悪化しちゃいます。

 

お肌の悩みを増やさない為にはどうしたらいいのでしょうか?

 

まずは正しい洗顔法で肌を清潔な状態に保ち、老化を防ぐ為にも正しいスキンケアを知っておくこと。そして実践していくことが大切です。

 

スキンケアの注意点

 

今からお伝えするクレンジング法洗顔法は、シミ・くすみ・深いシワに悩んでいる方の肌を改善する効果がありますので、是非参考にしてみてください。

 

どろあわわを効果的に使う為のクレンジング

この記事を読んでいただいているあなたが乾燥肌であれば、オイルクレンジングはあまりお勧めできません。少しでも肌にオイルが残ってしまうと乾燥肌は更に悪化してしまうからです。

 

普通肌や混合肌の方でもオイルを使ってクレンジングすることで乾燥肌になってしまう場合があります。

 

クレンジングオイルを使うときは絶対に肌にオイルが残らないように、綺麗に洗い流す事が重要です。

 

私がお勧めするのは肌への負担が少ないジェルタイプのクレンジングです。
オイルと違って洗浄力は落ちますが、お肌に残った汚れはその後の洗顔で綺麗に落とすことができるからです。

 

気をつけていただきたいのはメイクをしっかり落とす事と、毛穴の汚れをしっかり落とすことに専念しすぎて必要な皮脂まで落とさないようにすることです。
長時間ゴシゴシとこすりすぎないように注意してくださいね。

 

どろあわわを効果的に使う洗顔法

まずは泡立てネットを使って弾力のあるモチモチ泡を作りましょう。
顔や肌にのせる時は指で直接肌に触れないようにする事がポイントです。

 

~泡をのせて洗顔する順番~

  1. 皮脂が多く分泌される鼻
  2. 額(ひたい)と鼻の間にかけてのTゾーン
  3. あご
  4. 口元からほお全体の広いUゾーン
  5. 目元(デリケートな部分)
  6. 首筋から鎖骨

 

洗顔の順番

 

この順番で泡をのせていくのがオススメです。

 

泡が肌になじむと自然に汚れが浮き上がってきますので、優しくなでるように洗ってください。(ゴシゴシとこすらなくて大丈夫です)

 

泡で洗顔

 

顔全体が泡に包まれて汚れが浮き上がったら洗い流します。

 

ここで気をつけたいのは熱いお湯で洗い流すと、肌が乾燥しやすくなる事です。
水温は水に近いぬるま湯にして、20回くらい丁寧に泡を落としていくのが正しいすすぎ方です。(泡が完全に無くなるまできれいに洗い流してください。)

 

洗顔後のすすぎ

 

完全に泡が無くなったら清潔なタオルで水分をふき取ります。

 

洗顔後のスキンケア

 

水分をふき取った後は、顔全体に化粧水をつけてください。

 

化粧水をつけてから3分くらいしたら次は顔全体に乳液をつけてください。

 

(最後に顔全体に美容液をつけると更に効果的です。)

 

これで洗顔が終わりです。

 

正しい洗顔をした後に添加物の入っていない化粧水と乳液(美容液)をつけることで、次の日にお肌の調子がよくなっている事を実感していただけるかと思います。

 

乳液は化粧水の水分を逃がさない為の役割を果たしますので、化粧水と乳液はセットで使用するようにしてくださいね。

 

今お使いの化粧水や乳液が肌に合わない方やどろあわわをもっと効果的にお使いいただく為にどろあわわ4点セットというものもあります。

 

セット商品についてはどろあわわ4点セットとは?の記事で詳しく書いていますのでよろしければご覧ください。

 

 

 
   

 

どろあわわ公式サイト

 

→毛穴の汚れは落としすぎると危険?!